2016年2月27日土曜日

カルカソンヌ:スターウォーズ/Carcassonne: Star Wars

カルカソンヌ:スターウォーズ/Carcassonne: Star Wars

プレイ人数:2-5人
プレイ時間:45分
デザイナー:ヴレーデ・クラウス・ユルゲン

総合評価 8/10
メンバー依存度 4/5
運要素 4/5


ざっくりルール

基本ルールはカルカソンヌと同じ。
(参照:カルカソンヌ

各プレイヤーは自分の陣営が示されたタイルが渡されます。これは道や惑星の取り合いの際に影響します。

カルカソンヌと違い、惑星(礼拝堂に相当)の周り8マスにタイルを配置した際、その惑星に乗り込むことができます。その時はダイス目で勝負!
自分のコマの種類、タイルに示された陣営の種類によって1~3個までのダイスを振り、最も大きな目を出すことができたプレイヤーが、惑星の上にコマを置くことができます。
負けたプレイヤーも振ったダイスの数だけ得点がもらえます。

道や小惑星での陣地の取り合いも、このルールに乗っ取って行われます。

馬鹿ゲーかと思いきや

カルカソンヌのスターウォーズ版。
領土争いを、全部ダイスバトルで解決してしまおう!という、結構派手なゲームに仕上がってます。ダイスを振り合って勝敗を決める感じは、シンプルかつ盛り上がる非常に良いルール。

戦争では負けた方も点が入るので、皆どんどん戦いを挑みに行って盛り上がります。
なので、戦争は勝っても負けても良い後味。
全体的に得点がインフレしてるので、ホントは領土取れないとキツいんですが、目先の数点が結構嬉しい。

戦略もへったくれも無い展開がチラホラ見られたので、豪快な展開のゲームがしたいんじゃ!派におすすめします。

スターウォーズ見たこと無かったです

実は僕、スターウォーズ見たこと無かったんです。
あれだけ話題になっていても、SFはちと苦手で。
とりあえずエピソード4だけ今回見てみましたが、冒険心を奮い立たせてくれる素敵な映画でした。
ただ、人格形成段階で中世ファンタジー派に属してしまったので、宇宙テーマへのワクワク感がイマイチわからんのです。怖くない?宇宙って

ちなみに映画見てなくても見てても、面白さはそこまで変わらないと思います。
皆が惑星の名前で盛り上がってるのは楽しそうでしたが、そのくらい。

ちなみに4にはヨーダは出てこないので、僕はヨーダが緑色のおじいちゃんってことしか知りません。みんなに馬鹿にされてもいいのです。多分森の妖精か何かでしょう。

まとめ

宇宙ゲーは味付けが大雑把とはよく聞きますが、これは大雑把感が良い方向に動いているゲームでした。
普通のカルカソンヌと、一般層がイメージするボードゲームを結ぶ、良い懸け橋になってくれそうです。

カルカソンヌ:スターウォーズ Carcassonne: Star Wars [並行輸入品]カルカソンヌ:スターウォーズ Carcassonne: Star Wars [並行輸入品]

Hans im Gruck
売り上げランキング : 47138

Amazonで詳しく見る by G-Tools



ボードゲームショップリンクへ

ボードゲーム記事一覧へ戻る

0 件のコメント:

コメントを投稿

.balloon1-right { position: relative; display: inline-block; margin: 1.5em 15px 1.5em 0; padding: 7px 10px; min-width: 120px; max-width: 100%; color: #555; font-size: 16px; background: #e0edff; } .balloon1-right:before { content: ""; position: absolute; top: 50%; left: 100%; margin-top: -15px; border: 15px solid transparent; border-left: 15px solid #e0edff; } .balloon1-right p { margin: 0; padding: 0; }